小説を読む

三四郎 [夏目漱石]

夏目漱石『三四郎』は宙ぶらりんを書いた小説であることを指摘したうえで、やっぱり読者が(筆者も)気になる美禰子(みねこ)とのことに焦点をあてて書きます。
小説を読む

ローウェル城の密室 [小森健太朗]

推理小説・ミステリーとは何か? それはいったん置いておきませんか。だめですか。奇抜なトリック『ローウェル城の密室』について書きます。
小説を読む

いちご同盟 [三田誠広]

青年期、いえ十代が読むのに適齢と思える小説が『いちご同盟』です。それはけして子供向けという意味ではありません。本作の成長小説としての側面について書きます。
小説を読む

パイの物語 [ヤン・マーテル]

「神を信じたくなる話」と冒頭で老人が言うところから始まる『パイの物語』。それはいったいどういう意味なのでしょうか。『ライフ・オブ・パイ』として映画化もされた小説から読みとれることとは?
雑記(二十四節気)

霜降 霜はじめて降る

10月23日は霜降です。焼き芋がおいしくなります……
雑記(二十四節気)

寒露 蟋蟀戸にあり

10月8日は寒露です。秋の虫の時季……
雑記(二十四節気)

秋分

9月22日は秋分です。読書の秋としたいところ。
小説を読む

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド [村上春樹]

『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』は謎解き・考察でも取り上げられる人気作であり、村上春樹の初期代表作です。作品の影響に触れたのち、書かれていることは何なのか考えます。
雑記(二十四節気)

白露

9月7日は白露です。この時期は、草に露が見られる……?
雑記(二十四節気)

処暑

8月23日は処暑です。この時期は……
雑記(二十四節気)

いろは歌 日本語のパングラム

すべての文字を用いて作った文をパングラム(pangram)といいます。いろは歌をはじめとした日本語のパングラムを紹介します。
雑記(二十四節気)

立秋

8月7日は立秋です。晴れた日の夜には夏の星座を観察できます。
スポンサーリンク